ダイソンのドライヤーを修理に出したよ

去年のクリスマスプレゼントで友人にもらったダイソンのドライヤー、いつの間にかフィルターカバーが割れていました。使用に支障があるほど出なかったのですが、割れたまま使用してさらに別の故障を招いてしまってはよろしくないと思い、ひとまずお問い合わせしてみました。(ちなみにこういった時に製品登録をしてあると型番やシリアルナンバーや購入日などもすぐにわかりますし2年間のメーカー保証もつくので、ドライヤーに限らずダイソン製品を購入したらまずは製品登録をすることをお勧めします。)

 

問い合わせたのは土曜日の昼間だったので週明けに返信来るかな?くらいな気持ちでいたのですが、なんと2時間弱でご返信をいただけました。その返信で原因と思われる事柄や破損が起きた使用場所を聞かれて、破損箇所の写真をお送りしました。ちなみに原因やタイミングははっきりとわからなかったので、正直にそうお伝えしました。ダイソンの方に写真をご確認いただき、修理が必要とのことで次は集荷の手配です。希望の曜日(平日or土日祝日orピンポイントで曜日指定)と、希望の時間帯、集荷先の住所を聞かれるのでお伝えすると、その希望に沿った中で最短の日程で手配してださりその際に返却予定日も教えてくれます。あちらは返信が早いので営業時間内にぽんぽんやりとりすれば1日で済むと思います。(私は自分が返信遅かったのでお問い合わせ開始から集荷手配完了までで2日間でした)

 

集荷はヤマト運輸さんが送状を貼り付けた状態の箱をヤマトさんが持ってきれます。ちなみに土日祝日を希望しましたが、直近の土曜日で手配していただけました。ダイソンのメールでは「ヤマト運輸様が伝票と箱をお持ちしますので、その場で本体をつめてお渡しください」とのことだったので、その場でバタバタと箱詰めをするのかと思っていたのですが、実際は「1時間後くらいに回収するのでそれまでに箱に詰めて玄関の外に置いておいてください。」と言っていただき、落ち着いて箱詰め作業ができました。これは担当者さんにも寄るのかな。箱のサイズは21cm×22cm×37cmくらいの縦長の箱で、ドライヤーに対してはかなり大きめです。心配な人は緩衝材を用意した方がいいかもしれないです。私は本体をプチプチで巻いてから周りをくしゃくしゃの新聞紙で軽く埋めました。箱を閉じるためのガムテープもご自身での用意が必要です。

 

土曜日の午前中に集荷していただき、ダイソンからの発送通知は火曜日、到着は水曜日というスピード感でした。ちなみに事前にお伝えいただいた返却予定日よりは1日早かったです。本体と一緒に「サービスアドバイスノート」という用紙が入っており、そこに検証結果や修理担当者名など色々な情報が書いてあります。今回、フィルターカバーの破損で修理を依頼したわけですが、あちらで点検をしてくださったところ電源ボタンとコールドショットボタンにも不具合があったらしく、該当部品の交換もしてくださっていました。保証期間内だったので、こちらでの費用負担は送料含め特にありませんでした。もし何かしらの費用かかるとすれば、梱包の際に使うガムテープ的なものが自宅にない人は購入した方がいいかな、緩衝材は買うほどじゃないかもしれないけれど。あとは修理に出している間に代替として使うドライヤーを購入する必要がある人もいるのかもしれないですね。私は以前使っていたものを予備として保管していたのでそちらを使いました。

 

以上が、ダイソンの修理対応でした。対応が迅速で丁寧で、さすがでした!有料修理になると「これくらいならいいか・・・」なんてこともあるでしょうが、保証期間内のうちは少しでも破損や不安な動作があればひとまずお問い合わせした方が良さそうですね。高価なものですから、ちゃんとメンテナンスして末長く使っていきたいものです。