結婚発表で白い服着た2ショット写真を出すのってどういう心境なの?

妻夫木聡さんとマイコさんが結婚発表した時の写真が最初(実際はもっと以前にあるかもしれないけど、少なくとも広まったきっかけ)なのかなと思っているのだけど、有名人の結婚発表は白い服でツーショットというのが定番になって久しいですよね。私あれすごい気持ち悪いなって思っていて。

最初にやったお二人に対しては別に嫌な気持ちはないんです。お二人なりに考えた自分達らしい発表の仕方がそれだったというだけだと思うので。でも後からそれをやっている芸能人たちってどういう心境なのかなって。別にあれこれ工夫して個性のある写真を撮れというわけではないですが(そもそも別にツーショット写真って必須じゃないし)、最初のお二人の個人的な写真だったはずのものを何の疑問もなく倣っているのがどうも気持ち悪いんです。

重ねて、あの写真ってスタジオなどでばっちり決めて撮るのではなくてプライベート感のある自撮りっぽい写真を敢えてチョイスしますよね。それも私はちょっといやで。「二人のプライベートなイチャイチャ感がたまらん!」「カップル推し!」という人も一定数いることは理解するんですが、私にとってはああいうプライベート感のある仲良しアピールってちょっと生々しく感じてしまうので、芸能人だろうが友人だろうがちょっと苦手なんです。SNSで匂わせをするカップルを見た時のような、カップルyoutuberのわざとらしいイチャイチャ動画を見た時のような、”二人きりのプライベート感”と”他人の目線を意識した感じ”が共存している故の絶妙な気持ち悪さを感じるんです。「結婚の挨拶」としての意味合いより「見せたい」という欲の方が強く感じられてしまうというか。

そういう点で好感を持ったのが山本美月さんと瀬戸康史さん。衣装や雰囲気がとても素敵なお写真で素敵だったし、プライベート的な空気ではなく「作品」として素敵な写真で、それでいてそういう写真をチョイスしたお二人の人柄も素敵に感じる。そして多くの人が「お似合いだよね」と素直に思えるようなまとまりがあり、だけど決してイチャイチャ感を見せつけるような感じがない。すごくバランスの良い写真だったと思います。お二人の結婚を心からお祝いするファンにとっても素敵なお写真だったと思うし、結婚を寂しく感じてしまうファンにとっても「それでも、こういう写真をチョイスしてくれる推しはやっぱり素敵!」と誇れるお写真だったのではないかなと思うんですよね。

私の推しもそこそこ良い大人なのでいつか結婚発表をすることがあるかもしれないけれど、白服ツーショットとか添えたりしませんように!と願っているし、そういうことするタイプじゃないよね…という謎の信頼感があります(笑)

 

お写真とは関係ない余談ですが、近年の結婚発表の中では鬼龍院さんの結婚発表の文章(結果的には発表後に色々と判明して炎上しましたが)、すごく好感が持てました。仕事とプライベートを切り離すというスタンスをはっきりさせて「変にバレるよりは自分から発表する方がマシだから発表したまでだけど、こういうことを聞きたくないファンがいることも理解しているし今後この話題に触れることは基本的にない、バンド第一で頑張る。」という旨だったんですけど。温かい見守りや祝福を強要する空気を作らず、プライベートを知りたくないファンや結婚を祝えないファンの居場所を奪わない発表はさすがだなーと思いました。あのコメントのような姿勢でファンに向き合ってくれることは、ファンをやっていく上でありがたいことだなと思いました。(私は彼のファンというわけではないですが…)