眞子さまのご結婚について思うこと

ご結婚が正式に決まったという情報が出て、お二人のご結婚を肯定する意見も多くみられるようになりました。その多くは、「結婚は個人の自由である」というような眞子さまの権利を主張する内容だったり「好きな人と幸せになって欲しい」という情緒的に寄り添う意見が多いように思います。私も気持ちとしてはそれに同意したいですが、問題の本質はそこではないと思うのです。日本の”象徴”である皇室のお姫様が疑惑だらけのままの相手とご結婚することは、「眞子さまに幸せになってほしい」という周囲の気持ちや「眞子さま個人の権利」の範疇で完結するものではありません。「日本の象徴としての天皇」という天皇家の在り方や宮内庁という存在自体を揺るがすものだと思うんです。

過去から現在に至るまで、圭さんにもそのお母さまにも様々な疑惑があります。その1つ1つの真偽のほどは私にはわかりませんが、いずれにせよ国民が不信感を抱くには十分すぎる数と内容の疑惑です。もし彼がそれらの疑惑に対して出来得る限りの最大限と思われる対応をしていたとしても、一度疑惑が出てしまっている以上は不信感をぬぐえないと感じる国民が数多くいたことでしょう。それでも、真摯に向き合う様子を見せたならそれを評価してお二人の結婚を応援する人も少なからず増えただろうし、もう少し認めざるをえない空気になっていたと思います。
しかし、彼が疑惑浮上後に私たちにみせている行動の多くは「ベストとは言えない」どころか疑惑の信憑性が増してしまうほどに「常識から大きく外れている」と言わざるをえないものでした。彼(あるいは眞子様を含めた”彼ら”)が自身の置かれた立場にふさわしい行動がとれないということは、”過去の疑惑”ではなくて私たちが現在進行形で目撃している明白な事実なのです。

眞子さまは小室家に嫁ぎ一般人として暮らすのだから「一個人の自由」と思う人もいるでしょうが、一般家庭に嫁いだからといって皇室と縁は切れません。それどころか、ご結婚すれば「小室家」と「皇族」の家と家の縁が結ばれるのです。そしてお二人が天皇陛下(或いは未来の天皇陛下)とごく近い位置の親戚となることに変わりありません。だからこそ、一般人になったあとも「皇室の縁者」として品位を保つための一時金というお金が用意される制度があるわけです。本当に一般人として「皇室と無関係な個人」になるのなら、品位を保つためのお金を皇室の費用から捻出する制度は理にかないません。これはお二人が一時金を拒否しようが受け取ろうが立場としては同じことです。また、現在はこの結婚問題で潰えつつある案かもしれませんが、女性宮家創設の話もあります。その制度の内容次第では眞子さまは結婚後にも皇室に立場を持つ可能性もあり、小室氏は「天皇陛下と近い親戚」どころか「小室圭殿下」と呼ばれるお立場になる可能性もあるのです。現状、お二人がその立場を望んでいなくとも、未来の可能性としては考えられることです。そんな立場のお二人の態度に国民が不安を感じるのは自然なことだと思います。

 

天皇は日本の象徴です。ただのお金持ちではありません。もちろん、人として尊重されるべきではあると思いますが、「個人の自由」で国民に寄り添わぬ品位のない選択をするのであればそれは税金を投入して存続する意味がありません。眞子さまと圭さんの「個人の自由」により数々の疑惑で象徴を汚すことは、皇室メンバー・そして日本の国民全員の顔に泥を塗るも同然です。

 

皇室に生まれた故の眞子さまの苦悩を軽視するつもりはありませんし、お幸せになって欲しいと思っています。だけど、これまでも現在も皇室に生まれた故の苦悩を背負う一方でその立場や金銭や権力などあらゆる面での特権を使われてきたことも事実です。まさに圭さんの件に関しても特権を存分に(というより不当と思われても仕方ないくらい)に利用しています。皇室としての力をそういった形で振りかざしていること(眞子さま自身の希望以外に、家族としての方針や周囲の忖度も含む)や、それらの表向きの体裁さえ整える気がなく意味不明で矛盾だらけのまま国民を黙らせて事を強行しようとしていること、物凄く馬鹿にされてるような気持ちです。そして「個人の希望」で忖度含めここまで大規模にお金や人を動かしてしまうことへの恐怖心もあります。今後の皇室メンバーの「個人の希望」が「結婚」とは限りません、どんな希望でどんな事態を招いてしまうのか、想像もつきません。これに関しては眞子さま個人への恐怖心というより、宮内庁皇室それ自体に対してのものです。皇室にこそノブレス・オブリージュを心掛けてほしいのです国民を悪者扱いして強引に黙らせたまま「個人の希望」を押し通すのではなく、いつでも国民に寄り添って誠実に向き合って欲しい、そう願っています。