イエベ秋だけど可愛いピンクのリップを使いたい

私はパーソナルカラー診断でイエベ秋と診断されており、確かにブラウンリップや朱赤のリップも顔色的には綺麗にハマります。しかし友人からはいわゆる「王道イエベ秋」みたいな色は「イメージと違う」「らしくない」と言われてしまいあまり評判が良くありません。顔立ちやキャラ的なイメージからすると明る目の可愛いピンクが似合いそうなイメージがあるようなのです。

ところが私の唇は外側が縁取られたように濃くくすんでおり、中央は血色がなくてまるでプール上がりみたいな色。可愛らしいキャンディのようなピンクはもちろんのことベージュ寄りの所謂「無難」とされる部類のピンクすら、人間の唇の色とは思えないほど青みが強く出てしまうことが多いです。ミルキーな色味はそれがミルキーピンクだろうがミルキーベージュだろうがとにかく白だけが浮いてコンシーラーを塗ったみたいな血色のない発色になってしまいます。ちなみに「シアーな発色」と謳われているものは元の唇の血色の悪さに負けてほとんど発色しません。そんな私の唇でも、元の唇の色が嘘みたいに可愛く発色するピンクリップや、上手く発色しなかったミルキーな色を使いこなすコツを発見したので紹介していきたいと思います。

 

元の唇が健康的で明るく見えるような、ナチュラル・ヘルシーなピンクリップ

私が気に入っているのがYSLのルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ウォーターステインの604番です。

www.yslb.jp

リップの色自体は蛍光色っぽいピンクオレンジという感じなのですが、唇にのせると蛍光っぽい派手さは出ずに唇のくすみなどを飛ばしてくれてヘルシーでナチュラルなピンクに発色します。可愛すぎず唇を主張しない自然なピンクになるので、目元やチークをピンクメイクで統一してピンクメイクにするも良し、目元をベージュ系でまとめてカラーレスなメイクにするも良し、オレンジやコーラル系でヘルシーにまとめても良しの私にとっての万能ピンクです。このシリーズはマスクや飲み物の飲み口にもつきにくいのでとってもおすすめです。

 

ドーリーなキャンディピンクのリップ

ピンクメイクをする上で、私のような唇を持つ人は可愛いピンクを探すのすごく大変だと思うのです。「イエベ向き」とされる色や「誰にでも似合う」という評価に何度騙されたことか…(笑)そんな私が見つけたピンクがこちらの2色。

SUQQU コンフォート リップ フルイド グロウ 03番 花筏

onlineshop.suqqu.com

これは指原さんのYoutubeでピンクメイクをしていた際に「黄味ピンク」と紹介していたのですが、正直なところ指原さんの腕に出した感じ見ると「ブルベの人にとっては黄味強めに見えるのかもしれないけどそこまで黄味なさそうに見える…?危ないか…?」と半信半疑でした(笑)が、購入してみると肌馴染みが良いけど黄味が主張しない、絶妙に可愛いピンク色に発色しました。可愛いピンクリップに憧れがありつつも諦めていた人にはぜひ試して欲しいです。ただ、YSLのリキッドリップと比べるともちはそこまで良くなくて(普通に過ごしていても跡形もなく落ちちゃう!って程ではないですが)、スタバの容器みたいな飲み口とかにはつきやすいのでそこ気になる方は少し注意です。

そしてドーリーなピンク部門ではもう1本。ラデュレのリップカラー08番です。

リップ カラー 08www.lm-laduree.com

こちらは口コミだとベージュピンクの表現されていたりして公式だと結構黄味寄りの発色に見えるのですが、私の唇だと黄味が打ち消されて「ブルベの人が可愛い青みピンクを塗るとこういう発色になるよね!」という感じのドーリーで青みに近いようなキャンディピンクに発色します。肌馴染みでいうとスックの方が安心感あるんですけど、ブルベさんの可愛い青みピンクの発色に憧れる人はこちらもぜひ試してみて欲しいです。こちらはセミマットタイプで、もちは良いのですが私は少し乾燥と縦皺が気になるのでMACリップ下地が必須です。

 

ミルキーな色味のリップを使いたいとき

PCのアナリストさんにも苦手だと言われた白味が強い色。誰でも似合うだの万人ウケだの婚活リップだのと言われていたヴォリュプテシャイン15番のようなミルキーコーラルも、ほぼ発色せず若干白いヴェールがかかっただけ?みたいになってしまう悲惨な私です。ミルキーな色はコーラルだろうがピンクだろうがベージュだろうがどれも白く浮いてしまってダメなんですけど、「ミルクティー」だとか可愛い名称に惹かれてつい購入してしまった白味リップが結構あります…。そんなリップたちには赤リップをチョイ足しして使っています。私が使用しているのはルージュヴォリュプテシャインの102番なんですけど、これについてはこの番号がおすすめというより私が偶然持っている赤リップがこれだっただけです。ミルキーな色を唇に塗ってから赤リップを様子を見ながら少しずつ重ねると、血色がプラスされて「このリップは本来こういう発色になるはずだったよね!?」という色に近づけることができます。もし同じような感じで似合わずに眠らせている白味リップがある方にはぜひ試して欲しいです。

 

私のような悩みを持ってリップジプシーしている人たちに届け〜!