エスカレーター歩くな問題について思う事

つい先日、古市憲寿氏が「エスカレーターを歩かず立ち止まろう」キャンペーンに対して「歩くのを禁止する意味がわからない」と発言していました。私もまさにそう思って色々と調べていたので、それについて書こうと思います。

 

私は通勤時などは(歩行禁止のアナウンスがされていたり右側があいて居ない時などはその限りではないですが)右側を歩くことも多いです。だからと言って「いつでも急ぐ人のために右側をあけろ」とは思っておらず、「歩く派」「とまる派」どちらかを排除するのではなく、状況に合わせて共存すべきなのでは?と考えています。例えば、百貨店のエスカレーターで右側をあけていても歩く人はほぼ皆無であるため、右側をあけるのは無駄に渋滞を招く行為だと思います。「知らない人同士でもきっちり二人ずつ乗れ」とまで効率の良さを重視すべきとは思わないけれど、連れが居る人は二人並んで乗った方がよさそうですよね。しかし都内のラッシュ時のJR・私鉄の乗換駅にそれは当てはまらない場合も多いし、同じく都内のラッシュ時でも地下鉄の通常よりも長いエスカレーターではまた歩きたい人と止まりたい人との割合が変わってきます。一律に「右側をあける」または「両列立ち止まる」のどちらかを排除しようとするのは頑なすぎると思うんです。

 

まず最近言われている「エスカレーターは片側が歩かれることを想定されて作られていない」という点ですが、「エスカレーターの片側をあける」という風潮は大阪では1960年代後半ごろから、東京では1980年代後半ごろからあるみたいですね。それらのルールが定着する以前に作られたエスカレーターの片側歩行が想定されていないのは理解しますが、それ以降に作られたものであれば「片側を歩くための仕様に」とまではいかなくても「歩かれても大丈夫」というようにはなっていなければおかしいです。安全のためのあらゆるケースを想定するであろう中でこの何十年も全国的なルールとして定着していた「片側は人が歩く」というケースを想定していないというのはあり得ないし、もしそうだとしたらこの数十年間、それを想定されていなかったことこそ問題だと思います。よって「片側を歩くことが想定されていないから歩いてはいけない」というのは歩く派を排除する根拠として説得力がないです。

 

そしてよく出回っている「2列で立ち止まった方が輸送効率が高い」という検証動画について。あれはロンドンの地下鉄ホルボーン駅での実験ですが、あの実験結果を主張する人達の中で、実験内容を正しく理解している人がどれだけいるのか疑問です。日本語でまとめてある記事は大抵、実験の条件などを省いて「立ち止まると効率が上がる」と言う部分だけが切り取られていますよね。

この実験では2列で立ち止まって乗車することで最大で30%も効率がアップしたという結果が有名ですが、これはどの駅のエスカレーターでも立ち止まる人専用エスカレーターがすべての駅での混雑緩和に適用できるという話ではありません。あくまで「ある条件下で有効」という話なのです。あの実験では、実験と同じような効率化を見込めるテスト環境の条件として次の3つが挙げられています。

 

エスカレーターの高さが18.5m以上であること

・目的はエスカレーターのふもとの混雑の解消であること

・そこに複数の上りエスカレーターがあって、少なくとも一つは歩きたい人が歩けるようにしてあること

 

そもそもの前提としてホルボーン駅のエスカレーターは比較的長いため、元々歩く人は多くありませんでした。それにも関わらず利用者たちは片側をあけて乗るものだから、エスカレーターのふもとが混雑していました。そしてこの実験では3機あるエスカレーターのうち2機を立ち止まる人専用にし残りの1機はこれまで通り片側を歩くことが可能にしてあった、即ち「歩く派」も尊重できる環境下での実験だったのです。

つまり「危ないから歩くのをやめましょう」「エスカレーターは歩かないほうが効率的」というよりは「ある条件下では立ち止まり専用のエスカレーターを作ることも有効」という結果だったということです。

実際、動画はよく見ると立ち止まる人が前にしっかり詰めて乗っていて、歩く人の間隔は結構空いています。でも私が実際に毎日利用している駅のエスカレーターは止まって乗る人は前後1~2段あけて乗る人が多いですし、歩く人はあまり間をあけずに歩いていきます。高低差(長さ)もそこまでないので、歩く人の比率も多めです。皆さんの想定するエスカレーターの状況は、この実験とどれだけ条件が当てはまるでしょうか。

参考:The simulation that proves standing only escalators work on the Tube - Telegraph

この「全体の輸送効率」を根拠に立ち止まることを推奨するならば「立ち止まる」だけではなく「知らない人同士でもしっかり隙間なく右側も埋める」まで実行しなければ意味がありません。でも立ち止まろうキャンペーンが強化されていてもその点は強化されてないこと多いんですよね。それではこの実験結果を根拠として示すどころか実験前の効率悪かった時のホルボーン駅状態なのです。1列で立ち止まるくらいなら空いてる右側を人が通過した方が「輸送効率」はいいんですよ。

 

結論、その場の状況を見ながら右側で立ち止まってもいいし歩いても良いと思っています。状況に応じてお互いに配慮しあい、歩きたい人は「立ち止まりたい人・右側に立たざるを得ない人・右側を塞がざるを得ない状況の人がいる」と理解すべきだし、止まりたい人も「急ぎたい人もいる」と理解し、互いが出来る範囲で尊重し合えば良いのです。結局は「歩く」「止まる」の選択は多くの人にとって「全体の輸送効率」を考えてしているものではなく、個々の事情でされているものですからね。

そして今、実情を考慮した上でできる安全対策は「歩く・歩かない」よりもまずはエスカレーター利用時は歩く人も止まる人も「手すりを使うこと」「降り口で立ち止まらない」などであったり、混雑時の階段の各方向優先レーンの逆走防止の徹底するなどして階段の治安を良くすることだったり、本来エレベーターの利用を推奨されている人達がエレベーターを利用しやすくするための対策などではないかと思います。