「靴下常備」は一般常識なのかい?

自分が"常識"だと思っていることが、必ずしも誰にでも通じる"一般常識"であるとは限らない。自分が「これはマナーだ」「これが常識だ」と思って居ることが、実はその界隈でのみ通じるローカルルールかもしれないし、自分の都合の良いようにねじまげてしまったマイルールかもしれない。誰にも彼にも「これはマナー」「これが常識」と自分の思うそれを押し付けるのは、それこそ世間知らずな非常識だと私は思う。

 

ツイッターで「サンダルに素足で出かける時は靴下を持ち歩く」「サンダルに素足で家にお邪魔する時にはサンダルを脱ぐタイミングで靴下を履く」という"マナー"について論争になっているのを見た。私はそんなマナーを知らなかったので検索してみると、ママ友(という言葉って、気持ちが悪くて私は嫌い)同士のエピソードであーだこーだ言い合ってお育ちマウンティングしてる掲示板がいくつも出てきた。正直その時点で「うわぁ…そういう土俵でのお話か…」という感じではあったけれど、もやっとしたのでここに考えを記すことにした。

 

私の周りの友人は小学校や中学校から私立に通っている人間がほとんどで、それなりにちゃんとした家の子が多い。しかし、人の家(あるいは靴を脱ぐタイプのお店)に上がる時に靴下をとりだして履き始める人にいまだかつて出会ったことがなかった。そもそもマナー云々気を付けなければならない際には、素足にサンダルで出かけることはあまりないからかもしれないけれど…とにかく、それが常識だという人が居ることにすごく驚いた。

たしかに他人様のお宅にお邪魔する際に靴下(ストッキングでも)を履いている方が好ましいとは思うけれど、急なことなら「素足で失礼します」の一言で済む話であって、玄関で「おじゃまします(靴下着用)」「おじゃましました(靴下ぬぎぬぎ…)」という光景を想像してみると全然スマートじゃないし、むしろみっともなく思える。その行為もそうだし、素足前提のコーディネートにちょこんと靴下を履いている様も全く美しくない…。私がみた掲示板では「これはマナーですから」「靴下を持ち歩かないなんて、親が教えてくれなかったのかな…」「そういう時にサッと靴下を履いたほうが品良く見られますよ」などとそれをしない人を声高らかに見下している雰囲気だったけど、それにはどうも同意できない。

もし小さい子供(素足)を連れていて、人の家や屋内施設にあがる時にささっと足を拭いてその子に靴下を履かせることがあればそれは「しっかりしたママ」と思うかもしれないけど(子供って足を砂だらけにしちゃうしスリッパもいつのまにか脱ぎ捨てちゃうしね…)、大人が靴下を履きはじめたら「どうしたの?」と思ってしまう。勿論、相手が靴下を履いたところでこちらに不都合はないから結構だけど(「うちの床やスリッパが嫌なのかな?」と捉えられて逆に失礼なときもあるのかも。)、靴下を持ち歩いている人には特に上品だとか思わない。おばあちゃんから習ったのかな、お茶室とか出入りする習慣があるのかなとかそういう感じ。ちゃんとした人として見られたいなら、人の家やお店のお座敷にあがらないとわかっている時でも"人と会う"という時点で常に靴下やストッキングをはいた服装をすべきなのだ

 

靴下を持参することを全面的に否定するわけではない。スマートではないと個人的には思うけれど、それがその人なりの気遣いなのだろうから。しかしそれが一般的な"マナー"だったのは、お邪魔する先が和室であること前提の時代のお話じゃないかと思う。特に茶道では茶室は神聖な場所なので素足はNGで、基本的には和服に白い足袋(その昔は道も整備されておらず足袋は汚れやすかったため、茶室にあがる前に綺麗なものに履き替えたらしい)。洋装で茶室にあがる場合も旅の代わりに白い靴下を持参し着用するものだから。おそらくこのようなところから、おばあちゃんからおかあさんへそして娘さんへ…とこれをマナーとして教えられたのでしょう。しかし、この「神聖な茶室での靴下持参」の意味合いを考えると、道も整備されていてほとんど足が汚れることもなければお邪魔する先の家も洋風がデフォルトとなった現代にはあてはまらないものだと思う。みんながみんなに浸透していなくて当然である。

 

 

「素足の際は靴下を持ち歩くのがマナーであり、持ち歩かない人は非常識!」と非難する人には、「もし持ち歩かない人が気になるようならあなたは人を家に招くべきでない」ということは言っておきたい。客と自分の"マナー""常識"の認識の些細な不一致を想定できない人は、人を家に招くべきではない。些細なことであれは嫌だこれはダメだってマナーを押し付けたり見下したりするよりは、「自分が思う"常識"がすべての人にとっての"常識"でない」ということを理解し、「招く側は客に気を遣わせない」ということを身に着けたほうがよほど上品。マナーは自分のお上品アピールのためにあるものでもなければ、自分が不快にならないために他人に押し付けるものでもない。お互いが気持ちよくすごすためのお互いの気遣いなのだ。臨機応変に対応できてこそ、"上品な人"だと私は思う。エリザベス女王が、フィンガーボウルを知らぬ客人に恥をかかさぬようフィンガーボウルの水を飲んだというお話のように。