菅本裕子という女。

私はぶりっこが大好きだ。だって可愛いから。

ぶりっこといえばタレントだとさとう珠緒小林麻耶田中みな実など「同性から嫌われる女性の代表格」みたいなところがあるけれど、実際は私のように「ぶりっこ可愛い!」と思っている女性は多いと思う(特に女子校育ちのそこのあなた、そうでしょう?)。女性が選ぶ嫌いな女ランキングにぶりっこ系の芸能人が軒並みならんでいるのは信じられない気持ち。「可愛い女は同性に嫌われるんだよな!」っていう男性の中での勝手な"女同士って陰湿でコエー!"みたいなイメージで面白おかしいランキングになるよう情報操作されているだけじゃないのか?と疑ってしまう。

 

しかし、ついに現れたのだ。男性よりもむしろ女性から支持されている自称ぶりっこでモテクリエイター(?)の、「ゆうこす」こと菅本裕子

個人的に、彼女からは「モテたくてバンド始めました!」とか言って実際は客が全員暑苦しい童貞男子しかいない汗臭いパンクロックバンドマンみたいな精神を感じる。そんなロックな内面と可愛らしいビジュアルと色々あった過去とがかけあわさり、アイドルでもなく(いや、アイドルだったんだけど)少女マンガのヒロインでもない、恋愛ドラマのヒロインでもない…例えるなら、『グミ・チョコレート・パイン(グミ編) (角川文庫) [ 大槻ケンヂ ]』のヒロイン・山口美甘子のような感じなのです。わかるかな、これ。私にとっての彼女の魅力は本当にこれなのだ。(ちなみにこの本とても暑苦しくて胸がぎゅっとなって…オススメ。)

 

…しかし、そう思っているのは"こっち側"の人間である少数派なのかもしれなくて、一般的に例えばインスタ層とか美容系youtube視聴者とかかわいらしい女性たちの中ではどこが支持されているのか?と私なりに考えた要素は以下の通り。

まず、彼女には「人を蹴落として自分を可愛くみせる」というような陰湿さや、自分を取り繕って無理してぶりぶりしている感がない。その自然体っぽさがポイントだと思う。彼女はファンの女の子達に「一緒に可愛くなろう」と可愛い自分を作るための手のうちを明かすし、可愛くキメ顔したあとに「はい、ナルシスト~」と自分で突っ込みを入れていたり、化粧の工程で何かを塗る時の変な顔も敢えて写したり、コスメレビューは的確でわかりやすく、メイク道具が少し汚れていても「男子!女の子ってこんなもんだから!」とそのまま見せる。ぶりっこ芸を挟みつつも、飾らない自分を上手く出していくことで、女の子から「敵」と認識されずに親しみを持たせることができるのだ。高須先生がこの記事(石原さとみvs綾瀬はるかの美的対決に高須院長「表情美人とズバリ整形してない美人」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する)で綾瀬はるかさんのことを「女性は“敵か敵じゃないか”も判断の大きな理由だから、安心して心から褒められるタイプの美人でしょう」と言っていたけれど、彼女はこれだと思う。

そして、いつも「みんなのおかげ」という姿勢を崩さずにいて感謝の言葉を欠かさないこと、各方面で話題になりつつある今もファンとの交流を大切にしていて「遠い存在」と感じさせない気さくさも、ファンの心をさらに掴むのだろう。

 

こうして書き出してみて気付いたけど、結局一貫して「飾らない」「気さく」が重要なところで、ぶりっこ要素が支持されているわけではない…むしろ「ぶりっこを軽減することにより好かれている」と言えるに等しいのでは…。というか、ゆうこすは全然ぶりっこではない。結局ゆうこすは「女性ウケがいいぶりっこ」ではなくて「ぶりっこじゃないから女性ウケがいい」のだ。考えてみれば服装だって、ゆうこすがよく着用しているHONEY MI HONEYとかsnidelって男性からみると「??」となる一癖あるデザインが多い所謂"女性から見たカワイイ"の代表格だと思うし。そもそも「男の子が大好き」「モテるために生きている」と言っているしそれも本心だとは思うけれど、彼女のその原動力の根本は男性の目を気にすることよりも「なりたい自分になること」「自分が自分を好きになること」(そしてその結果がモテること)という感じがする。それってモテとかぶりっことか性別とか関係なく多くの人にとって重要なことであり、結局そこなんだな、魅力。

 

ということで、ぶりっこゆうこすの魅力を語るはずがゆうこすはぶりっこというよりロックな人だという流れになってしまった()ので、「好かれるぶりっこ」や「嫌われるぶりっこ」など王道ぶりっこについての記事はまたの機会に。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

♯モテるために生きてる! [ ゆうこす ]
価格:1300円(税込、送料無料) (2017/4/28時点)